強い効力、時々副作用

 防風通聖散は現代のメタボリック症候群に対して開発されたのではなく、おおむけ風邪に対しても効力を示す薬とするそうです。例え、服用して体内脂肪の減少など改善が見られても、長期に連用する薬ではないとも言っています。大変効力のある生薬を処方している漢方薬ですので、万能というくらいさまざまな症状に効果を示すところもあります。人間は体内に熱を宿すとたちまち体の不調をきたしてしまうなど、体のいたるところに熱を帯びるのは体が拒絶反応を起こします。そこで、この防風通聖散はそれぞれの生薬の力で熱を逃がし、体に害のある物や老廃物を排出するように促してくれます。ただし、症状に改善が見られた際には(だいたい5日程)服用を中止すべき漢方薬になります。長期に服用すると副作用として免疫力低下、体力を損なうため、下痢、消化不良、腹痛などになりかねないと言います。
 この防風通聖散は即効性のあるものからや成分の低い物までたくさんの製品がありますので、よく読んで服用していただきたいです。医療用や医薬品としての取扱いのため、薬剤師のいてるドラッグストアーや薬局などで買わないといけない他、最近では顔を合わせなくても購入しやすい通信販売なども活用できるようになりましたので、利用するとよいでしょう。
| 発見

防風通聖散の効果

 最近よく聞くメタボリック解消のために処方されている内服する薬のほとんどがこの「防風通聖散」という方剤だそうです。製薬会社はそれぞれの名称で出されていたりします。
 太鼓腹のような体型の人に主に用いられる事が多いです。防風や麻黄などの病因を発散して治す生薬を中心にした漢方薬で、熱や炎症をさましたり、便通をよくするもの、無駄な水分を取り除いたり、血流をよくする生薬などを配合されています。主に肥満症、便秘、尿量減少、むくみ、のぼせ、肩こりなどの人に用いられます。逆に虚弱体質の人、胃腸の弱い人、発汗の多い人には向きません。
 防風通聖散は防風(ボウフウ)、黄ごん(オウゴン)、大黄(ダイオウ)、芒硝(ボウショウ)、麻黄(マオウ)、石膏(セッコウ)、白朮(ビャクジュツ)、荊芥(ケイガイ)、連翹(レンギョウ)、桔梗(キキョウ)、山梔子(サンシシ)、芍薬(シャクヤク)、当帰(トウキ)、川きゅう(センキュウ)、薄荷(ハッカ)、滑石(カッセキ)、 生姜(ショウキョウ)、甘草(カンゾウ)などが調合されています。
 医薬品メーカーではツムラの「防風通聖散エキス顆粒」、ロート製薬の「和漢箋 防風通聖散錠」、クラシエの「防風通聖散料エキス錠」、同じくクラシエの「新コッコアポS錠」、アスティの「とってもVeryカンタンらくらくダイエット」、小太郎漢方薬の「ボーツーンS」、小林製薬の「ナイシトール85」、漢方セレクションの「防風通聖散」などがあります。

 
| 効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。